ホームページビルダー18 10月4日発売!jQueryフォトモーション搭載

ホームページビルダー18 10月4日発売!

 

2013年10月4日(金)に、「ホームページビルダー18」が発売されました。

*ジャストシステムの公式サイトでは9月5日先行発売

ホームページビルダー17が発売されてからちょうど1年ですが、

現在のバージョンとどこが変わったのでしょうか?


[スポンサーリンク]







・もっとも特徴的なのは、「jQueryフォトモーション」という機能を搭載したことです。

具体的には、

◆サイト上で画像を次々と切り替える「スライドショー」機能

◆サイト内の多くの写真をサムネイルの形で並べることのできる「ギャラリー」機能

◆気になる画像上にマウスを合わせると場所を拡大表示するできる「ズーム」機能

◆サイト上の画像をスクロール表示する「カルーセル」機能

です。

 

ジャストシステムの公式サイトで、プロモーションを見ることができます。

http://www.justsystems.com/jp/products/hpb/

 

【jQueryフォトモーション機能のメリット】

画像を多用しているサイト、たとえばファッション系の通販サイトや旅行系サイト等では、

商品をアピールしやすくなると思います。

 

ファッション系のサイトの場合、

素材の表示があっても小さな写真では生地の質感まで分かりにくいですが、

ズーム機能を用いることでイメージしやすくなると思います。

 

また、旅行系のブログで沢山の画像を掲載している場合、

はじめにスライドショーやサムネイルでどんな写真が掲載されているのかを確認してから、

記事の内容を読んでみたくなるという風に読者を誘導しやすくなると思います。

 

こういった画像機能を利用していると、

サイト制作者のセンスが高い=商品イメージもアップするという効果も期待できそうです。

 

ホームページビルダー17でもそうなのですが、

テンプレートとパッケージングされている画像は不動産系、美容系が多いので、

画像を多用したい個人の店舗経営者が業者に依頼せずにカッコいいサイトを作成できるようにする

ということを狙いとしているのかもしれません。

画像が多いサイトの作成を業者に依頼すると、それだけ費用も掛かりますので。

 

ジャストシステムの公式サイトを見る限り、

機能を選択→画像を選択→表示スタイルを選択

という3ステップで作成することができるので、使い方はとても簡単なようです。

 

【jQueryフォトモーション機能のデメリット】

現時点で考えられるのは、サイトが重くならないか?ということです。

 

特に、アフィリエイトをやっている場合、

検索からやって来る人がほとんどなわけですが、

ページの読み込みに時間がかかれば、1秒以内で他所のサイトに行ってしまう恐れがあるということ、

アドセンス等の広告表示にも時間がかかれば、

クリックされる回数が減るかもしれないという懸念があります。

スペックの良いレンタルサーバーでないと、せっかくの機能が生かせない可能性があります。

 

ちなみに、このjQueryフォトモーション機能というのは、

ワードプレスのプラグインでもすでに複数存在しています。

JQuery機能プラグイン

ワードプレスの「プラグイン 新規追加」の項目から、

「jQueryフォトモーション」で検索すると、写真のようにズラッとプラグインが表示されます。

もし、現在、ホームページビルダー17を使用している場合には、

使いたい機能だけ適宜プラグインをインストールすれば足りるということですね。

 

ただ、ワードプレスのプラグインというのは機能の説明もほとんど英語ですし、

どのプラグインが自分に向いているのかを探し当てるのはなかなか大変です。

これから初めてワードプレスサイトを作りたいという方にとっては、

予めパッケージングされているというのは有り難いことだと思います。

 

ホームページビルダー18でも、このプラグインをそのまま利用しているのかは不明ですが、

ワードプレス上ではなくホームページビルダーのソフト内で動かす場合、

サイトの重さよりも、むしろ、PCのメモリ等、マシンのスペックが重要かもしれません。

あまりにたくさんの画像を一度に処理しようとすると、

メモリ不足になって、作業の度にフリーズするのではないか。

古いPCを使用している場合にはそこがちょっと心配ではあります。

 

*対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista(SP1以降)/XP(SP3以降)

 

【その他の付加サービス】

◆ホームページビルダー マーケットプレイス

◆ホームページビルダー 制作アシスト講座

◆ホームページビルダー pad for WordPress

 

 

マーケットプレイスというのは、パッケージされたテンプレートの他に、

Web制作会社や個人のクリエーターが作成したテンプレートを購入できるシステムのことです。

付属のテンプレートでは満足いかない場合、選択肢が増えるのはいいですね。

 

バリューパック(5,000円分)とビジネスパック(10,000円分)には、

購入チケットが付属しています。

 

現在のホームページビルダー17の場合、

テンプレート1個当たりの金額が980円~1980円ですので、

付属のチケットでも複数購入が可能になるかと思われます。

 

ワードプレスにはもともとさまざまなテンプレートがありますが、

phpの知識がないと編集することもできず、テンプレートをそのまま利用する以外ありません。

ホームページビルダーのソフト上で簡単に編集できるというのがメリットだと思います。

 

 

制作アシスト講座というのは、ホームページビルダーの講座やセミナーを

グループレッスンや個人レッスンで学ぶことのできるものです。

この講座は試験的に8月下旬まで無料で開催されていました。

 

今回の新システムでは、体系的に学びたい方はグループレッスンで、

ピンポイントで疑問を解決したい方は個人レッスンで、

オンライン上で遠隔操作によって教えてもらえるというものです。

 

受講時間は45分で、受講料は「グループレッスン」が1580円、「プライベートアシスト」が3980円。

チケットは「hpb マーケットプレイス」で購入し、

オンライン予約することで希望の日時に受講できるそうです。

 

マニュアル本を読んでも分からない場合が多いので、こういった受講システムは便利かと思います。

 

 

hpb pad for WordPressというのは、

ipadやiphone、アンドロイド等のスマートフォン携帯・タブレットのアプリを利用して、

外出先でもPCを立ち上げずにワードプレスサイトを編集することができるという機能です。

思いついたらその場ですぐ記事を投稿する、というスタイルを取っている方には便利な機能です。

 

このアプリはすでに公開されているものですが、

カスタム投稿が可能という点と、

タクソノミーというワードプレスのカテゴリーを分類するプラグインを利用できるのが

ホームページビルダー独自の機能です。

 

i-tune App

https://itunes.apple.com/jp/app/id685855990?mt=8

 

Google play アンドロイド アプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.justsystems.hpb.pad


 

追記:発売後1か月が経ちましたが、

バリューパックは4,000円、ビジネスパックは7,000円も値下がりしましたので、

この新機能に興味があるなら今が買い時だと思います(^_^)



【関連記事】

ホームページビルダー18はどのバージョンが良いのか?

ホームページビルダー17を選んだ理由

ホームページビルダー17はどのバージョンがいいのか?

 


[スポンサーリンク]





☆ホームページビルダー&WordPressでゼロから始めるアフィリエイト.com☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧数は 68 回です, 本日は1 回です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です