FC2無料ツールを利用してサイトマップを作成する方法

サイトマップを作成する方法はいろいろあるのですが、

ここでは超初心者でも利用しやすい方法をお伝えしたいと思います。

 

サイトマップの作成には、

1、無料ブログ運営会社が提供しているツールを利用する場合と

2、ワードプレスのプラグインを利用する場合とがあります。

 

ここでは、1についてご説明します。

まだサイトを作成して記事数が少ない方向けの方法です。

ある程度サイトが完成してしまった(画像やページ数が多い)方は、

2、ワードプレス サイトマップを作成するプラグインGoogle XML Sitemaps v3 for qTranslate

をお勧めします。


[スポンサーリンク]







 

サイトマップ作成に使用するツールは、FC2が提供しているツールです。

http://seo.fc2.com/sitemap/

FC2サイトマップ作成画面

URL入力画面に自分のサイトを入力し、

下の3か所(グーグル、ヤフー、MSN)にチェックマークを入れ、サイトマップ作成のボタンをクリックします。

FC2サイトマップ作成結果1

 

サイトマップを作成するページがズラッと表示されます。

FC2サイトマップ作成結果2

 

すでに、写真がたくさん掲載してあったり、カテゴリやタグページが多い場合には、

1000個以上のファイルに及びますので、30分くらいかかるかもしれません。

URLの検出が終了しましたら、一番下の「サイトマップを保存」をクリックします。

すると、ファイルがダウンロードされます。

 

このダウンロードしたファイル(通常は、×××.xml)をFTPソフト等を用いてサーバーにアップロードします。

アップロードする場所は、レンタルサーバー会社が指定しているフォルダ内です。

あふぃ子の場合は、エックスサーバーを使用していますので、

ドメイン名/public_html/以下のフォルダに転送します。

 

サーバーに転送が終わったら、今度はグーグルウェブマスターツールにサイトマップを送信します。

Gウェブマスターサイトマップ画面

 

ウェブマスターツールにログインし、左メニューの「最適化」の「サイトマップ」をクリック。

サイトマップの管理画面が出たら、今度は右上の「サイトマップを追加」をクリック。

Gウェブマスターサイトマップ追加画面

 

自分のサイトのURLに xxxx.com/sitemap.xmlと入力し、「サイトマップを送信する」をクリック。

Gウェブマスターサイトマップを送信しました画面

画面ベージュのところに、「サイトマップを送信しました」とでますので、「ページを更新する」を押します。

ウェブマスター サイトマップは送信されましたの画面

 

サイトマップが無事送信されると、このように送信されたページが表示されます。

 

もし、送信に失敗した場合、「更新する」を押すと、「保留中」というエラーメッセージが出ます。

エラーが出た場合については、こちらを参考にしてください。

 

グーグルウェブマスターツール サイトマップが404エラーになる

 

もっとてっとり早く、WordPressのプラグインを使用する場合

ワードプレス サイトマップを作成するプラグインGoogle XML Sitemaps v3 for qTranslate

 

 


[スポンサーリンク]





☆ホームページビルダー&WordPressでゼロから始めるアフィリエイト.com☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧数は 35 回です, 本日は1 回です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です